スポンサードリンク



【体臭の原因】

体臭の原因は汗と皮脂が大きく関わっていますが、汗と皮脂自体が臭うことはほとんどありません。体臭の本当の原因は汗をかいた状態で放っておくことで細菌などに分解されたときや、皮脂が酸化したときにニオイが発生し、体臭となるのです。その他にも病気や食べ物が原因で体臭がきつくなったり、これらの原因が重なり体臭となることもあります。いずれにしろ体臭を予防するには、これらの原因の特定が最も重要になります。


体臭

広辞苑によると体臭は【皮膚の汗腺・皮脂腺の分泌物から生ずる一種の臭気】と
記載されています。

■体臭とは皮膚の脂質の酸化が大きな原因で生じる一種の臭い■

夏の暑い日はむろん、どんな季節でも汗をかいたあとには頭皮、体、足裏、わきなどの
臭いが気になる方が多いはずです。
体臭とは、 汗と皮脂とが混ざり合い、雑菌が繁殖するなどして臭いを発生させています。
まだ解明されていないですが、体臭のメカニズムとして脂質の酸化が大きな原因のはずです。
そして体臭は人によって臭いの種類や強さも違いますので、脂質の酸化だけではなく、
体臭は「HLA」という遺伝子に関係しており、個人差ができるみたいです。
個人差があるという事で、自分の体臭が気になり過ぎて、通常の生活に支障を
きたす場合も。
体臭に関する悩みについては「自分の体臭は臭く(悪臭)で、人に嫌われるのではないか」
といった不安や悩みを持つことこそが、現代の深刻な心の病のひとつだと言われている程です。
しかしその一方で、体臭はセックスアピールの役割も果たしています。
香水をつける習慣も、体臭を消すためではなく、より強いセックスアピールのために
生まれたという説もあります。
『ニオイフェチ』という表現がありますが、これは自然な感情といえるかもしれません。
ただ、体臭は健康状態と大きく関係する場合もあります。
口臭がヒドイときは、歯槽膿漏や内臓の病気の疑いもありますし、糖尿病になると
甘い臭いがするといわれています。
体臭が気になる場合は、まず健康状態の確認をしてみましょう。
食事に
ついても、動物性脂肪に偏った食事は体臭の発生を促す要因のひとつです。


【体臭の原因-ベスト3】

1位 汗
体臭の一番の原因が汗によるものです。発汗すると老廃物が皮膚や汗腺に溜まり、
それが雑菌を発生・増殖させ体臭の原因となります。「わきが」、「頭皮・頭髪、足」などが
最もひどい体臭(悪臭)ですが、汗が染み込んだ洋服なども臭いを発します。
多汗症などの場合は、さらに状況が悪化する可能性があります。
通常は、「デオドラントや制汗剤」などを利用して汗の臭いを防止(消臭)するのが
一般的です。

2位 腸内の不調
腸内環境が悪化してビフィズス菌が減少するとと、悪玉菌が増えます。その結果、
腸内でまだ消化されていないタンパク質やアミノ酸が分解されてアンモニアなどの
悪臭の強い腐敗産物に変化します。これらの腐敗産物は、腸管から吸収されて血液に入り、
口臭や体臭の原因になります。
また、アルコールの飲みすぎで消化しきれないものが体内から臭いを発生させる
場合もあります。「便秘の持続、便臭がきつい」場合などは注意が必要です。

3位 病気
体調が悪くなると臭い汗をかく様になります。これは汗腺機能が低下し本来、汗として
排出するべきもの(糞尿として出されるべき成分など)まで出してしまって
いるのです。
さらに肥満、肝機能障害、腎機能障害、糖尿病などの疾患があると血中内の悪臭物質が
増加し、汗と一緒に排出され体臭の原因です。

*不衛生
汗や外気や食物の臭いが皮膚や服に吸収され、様々な臭いが混ざったりすることが
体臭の原因になることがあります。自宅に犬や猫を飼っていて、その臭いが染み付く、
または室内で煙草を吸っているなどです。
この場合には、「消臭剤」や「空気清他機」を上手に利用して臭いが染み付かない環境を
作ることが大事です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。