スポンサードリンク



【体臭の原因】

体臭の原因は汗と皮脂が大きく関わっていますが、汗と皮脂自体が臭うことはほとんどありません。体臭の本当の原因は汗をかいた状態で放っておくことで細菌などに分解されたときや、皮脂が酸化したときにニオイが発生し、体臭となるのです。その他にも病気や食べ物が原因で体臭がきつくなったり、これらの原因が重なり体臭となることもあります。いずれにしろ体臭を予防するには、これらの原因の特定が最も重要になります。


体臭の主な原因


汗と体臭は深く関わっています。汗が分泌、その汗が細菌に分解された時に
体臭が発生、嫌な臭いや汗臭さの原因となります。

食生活の変化
欧米化した食生活は体臭の大きな原因です。動物性たんぱく質や脂肪を多く含む
肉類中心の食生活は、皮脂腺から分泌される皮脂の量が増え、その皮脂が酸化
すると体臭が発生します。

不規則な生活とストレス
一見、何の関係もない様にみられますが、生活習慣も体臭の発生に大きな影響を
与えています。睡眠不足やストレスを感じると皮脂腺の働きが活発になり、
皮脂が過剰に分泌、分泌された皮脂が酸化し、これが体臭の原因となるのです。

病気
体臭の原因となる病気として最も有名なものは糖尿病です。糖尿病になると
糖の分解が進まず、甘酸っぱい臭いがします。その他の病気でもその病気や
疾患特有の臭いがするようになるといわれています。

わきが
わきがとは、アポクリン腺から分泌された汗が細菌により分解されることによって
発生する体臭のことで、通常の汗臭さよりもより『きつい臭い』です。

足の臭い
足の臭いはわきがと同じく主にアポクリン腺から分泌される汗が原因で、
アポクリン腺から分泌された汗が細菌に分解されたときに足の臭いが発生します。

多汗症
多汗症とは単なる汗っかきとは違い、「汗を多くかく症状・病気」のことで、
全身の発汗が増加する全身性多汗症と、手のひらやわきの下など体の一部の
発汗が増加する局所性多汗症にわけられます。


肥満
肥満の人は体臭の原因となりやすい皮脂腺からの皮脂の分泌量が増えるので、
体臭へと繋がりやすいです。また肥満の人は汗をかきやすく、その汗をそのまま
放置すると細菌に分解され、体臭の原因となります。

腸内環境
腸内環境の悪化は口臭の大きな原因です。悪玉菌が優勢になり腸内環境が
悪化すると、腸内で毒素や有害物質が作られ、この毒素や有害物質が血液を通って
全身へ運ばれ、皮膚や口などから排出、口臭や体臭の原因となるのです。

便秘
便秘は口臭や体臭の大きな原因となります。便秘になると便が腸内に長時間留まり、
腸内で便が腐敗、毒素や有害物質を作り、血液を通って全身へ運ばれ、皮膚や
口から排出、口臭や体臭、またオナラの臭いがきつくなるのです。

アルコール
お酒を飲むと「アセトアルデヒド」という物質が、血流にのって肺や皮膚から
臭いとなって排出、口臭や体臭の原因になります。またアルコールには利尿作用があり、
体中の水分だけでなく口の中の水分も奪い、唾液が減少し口臭の原因となるのです。

ニンニク(大蒜)
ニンニクも口臭や体臭の原因になりますが、ニンニクによる口臭は生理的口臭といわれ、
誰にでも起こるものなので気にする必要はありませんが、ニオイは約1日続く
こともありますので、大切な用事がある前日はニンニク料理などは食べない
方がいいです。

加齢臭
加齢臭は、加齢に伴う体質の変化によって発生し、主に40代以降の中高年特有の
体臭のです。「ノネナール」という皮脂腺から分泌される脂肪酸と過酸化脂質が結びつき、
酸化分解された物質が加齢臭の原因といわれています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。