スポンサードリンク



【体臭の原因】

体臭の原因は汗と皮脂が大きく関わっていますが、汗と皮脂自体が臭うことはほとんどありません。体臭の本当の原因は汗をかいた状態で放っておくことで細菌などに分解されたときや、皮脂が酸化したときにニオイが発生し、体臭となるのです。その他にも病気や食べ物が原因で体臭がきつくなったり、これらの原因が重なり体臭となることもあります。いずれにしろ体臭を予防するには、これらの原因の特定が最も重要になります。


ワキガ(わきが)-予防と対策

■ワキガのポイントは清潔!

ワキガに限らず、体臭を予防する為には「清潔」を保つ事が大切。その事を
踏まえた上でいくつか、ワキガ対策をご紹介します。

・薬用石鹸の使用
ワキガの元は汗と混ざり合う雑菌です。殺菌効果のある薬用石鹸を使い、
身体を洗います。朝出かける前と帰ってお風呂に入るときに洗うと効果が大きいです。

・吸湿性の高い下着(シャツ)身につける
シャツを重ね着する方は、必ずTシャツなどの下着をつけます。吸湿性が高い
素材の方がいいです。肌の上にYシャツ、直接ブラウスを着るのは避けます。
汗を吸収しないのでそのまま臭いに繋がります。
また、消臭効果のある肌着も市販されているので、試してみるのもひとつです。

・汗はまめにふきとる
汗を放置しておくと臭いに繋がり、ワキガをはじめ体臭の原因となり大変危険です。
まめに拭きとるようにします。また、「消臭効果の高い天然フラボノイドを
しみこませた汗拭きシート」などを利用して汗を拭き取ると効果倍増です。

・制汗、消臭剤を使用
スプレータイプのやスティックタイプなどたくさんありますが、ロールオンタイプが
一番効果的です。スプレーは、吹きかけるだけなので、持続効果が短く、
臭いと混ざり合う危険性があります。ロールオンは直接塗るタイプなので、
長い時間効果が持続します。
また、どれを使用する場合にも清潔にした状態で使用することが大切です。
臭いが混ざり合う危険性があるので「無香料」タイプをお勧めします。

・食事制限(脂肪分を控える)
脂肪は、アポクリン腺や皮脂腺を刺激し、ワキガの効果を強める力があります。
魚や野菜など、高栄養・低カロリー食品をとるようにします。
焼き肉は、夏には絶品ですが、ワキガ予防の為なるべく控えてください。

・病院にて治療
皮膚科などで、ワキガを抑える軟膏などを処方してもらうことが出来ます。
それでも気になる人は、ワキガ手術という方法もあります。自分の身体の状況を考えて、
専門医と相談の上、ワキガの治療方法を検討して下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。