スポンサードリンク



【体臭の原因】

体臭の原因は汗と皮脂が大きく関わっていますが、汗と皮脂自体が臭うことはほとんどありません。体臭の本当の原因は汗をかいた状態で放っておくことで細菌などに分解されたときや、皮脂が酸化したときにニオイが発生し、体臭となるのです。その他にも病気や食べ物が原因で体臭がきつくなったり、これらの原因が重なり体臭となることもあります。いずれにしろ体臭を予防するには、これらの原因の特定が最も重要になります。


足の臭い-予防と対策

■ポイントは靴のムレを防ぐ

足の臭いの原因の大部分をしめるのは雑菌です。雑菌を繁殖させない為には、
雑菌の嫌う環境を作りが必要です。その為には、靴の中を高温多湿にしない事です。

・通気性のよい靴をはく
夏場は、空気を通すような通気性の良い靴を選び、はく様にします。

・吸湿性の高い靴下をはく
吸湿性の高い靴下をはく様にします。ストッキングは、基本的に靴下に比べて
汗を吸いません。これでは雑菌を繁殖させてしまいます。ストッキングも吸湿性の
高いものを選んで下さい。またインソールを合わせて使うと効果的です。

・靴を脱ぐ
外出中には無理ですがオフィスなどではサンダルやスリッパにはき替えるように心がけ、
湿気を逃がす様な工夫をします。

・同じ靴をはかない
同じ靴は湿気の原因になります。2〜3足を使いまわす感じの方がいいです。


■靴のケア

靴の湿気を逃がす為に靴のケアをしてください。

・陰干しの日
靴の水分は1日では逃げません。1日はいたら次の日は風通しの良い場所に日陰干してください。

・下駄箱の湿気をとる
下駄箱は基本的に湿気が多く臭いの原因になりますので、除湿剤を入れたり
新聞紙を敷いたりして、湿気を逃がすようにしてください。

・消毒して雑菌をとる
アルコール入りのウエットティッシュやスプレーで靴を殺菌し、雑菌を排除
します。


■脂系の食事を控える

脂っこい食事(肉や乳製品)は脂質の分泌が増えて、汗をかきやすくなります。
意識して避けるようにします。


■足の消臭グッズを使用する

足の臭いを消臭する「フットスプレー」、足の臭いを調節する「フットパウダー」、
「フットジェル」や「フットシート」、汗を拭き取る「制汗シート」や靴用の
「乾燥剤」などの足の消臭グッズを使用するのも一つの方法です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。