スポンサードリンク



【体臭の原因】

体臭の原因は汗と皮脂が大きく関わっていますが、汗と皮脂自体が臭うことはほとんどありません。体臭の本当の原因は汗をかいた状態で放っておくことで細菌などに分解されたときや、皮脂が酸化したときにニオイが発生し、体臭となるのです。その他にも病気や食べ物が原因で体臭がきつくなったり、これらの原因が重なり体臭となることもあります。いずれにしろ体臭を予防するには、これらの原因の特定が最も重要になります。


口臭とは

■口臭とは?

臭いというキーワードで最も気になる臭いの一つが口臭だと思います。
人と会話をする時に口臭は、避ける事ができません。
口の臭い一つで大切なコミュニケーションを壊してしまう時もあります。
ブレスケアをしっかりし、爽やかなコミュニケーションをしたいものです。

口臭には、誰もが持っている「生理的口臭」や食後の食べカスや内臓から直接口の
口臭となる「病気が原因の口臭」、「食べ物による口臭」の三つに分類できます。
生理的口臭は、誰にでもある事なので、ある程度ケアができていれば、そこまで
気になるものではないです。しかし病気が原因の口臭の場合は、しっかりした治療をしないと、
強い口臭につながっていきます。


■生理的口臭

誰もが持っている口臭と呼ばれています。生理的口臭は、極度の緊張時に口の中が
乾いたり、朝の起床時、食後の3時間経過頃に発生します。これらは、自然に発生し、
ほとんどが自然に消える為、あまり気にする必要はないです。


■病気が原因の口臭

病気といっても様々です。病気が原因の口臭には多くのの種類があります。

・虫歯や歯垢
歯垢は、80%が細菌です。これらが溜まると、健康な歯から虫歯になり、
この虫歯が悪臭を放つことになります。特に神経が腐った歯は悪臭を放つケースが多いです。

・歯槽膿漏・歯肉炎(歯周病)
歯肉は炎症をおこし腐っていきます。悪化すると歯も抜け落ちるようになり、
大変な悪臭を放ちます。

・義歯垢など
入れ歯や差し歯です。義歯には歯垢がつきやすく、臭いに繋がる場合があります。

・消化器系疾患
胃腸がもたれていたり、調子が悪いとげっぷのような臭いが体内から上がってきて、
口臭がします。

・代謝系疾患
糖尿病や肝臓の病気の時に、甘酸っぱい臭い(糖尿病)やねずみ臭いにおい(肝臓)の
口臭がします。


■食べ物による口臭

臭いが強い食材、調味料などを摂取した時に口臭が発生します。
代表的なものは、ニンニク(大蒜)、ニラ、ネギ、らっきょうや納豆、アルコールや
煙草も口臭の原因です。
これらは、一時的になものですが、成分が胃で消化され、血液を介して体内に循環する為、
口の中だけをきれにしていても臭う事が多々あるので注意が必要です。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。