スポンサードリンク



【体臭の原因】

体臭の原因は汗と皮脂が大きく関わっていますが、汗と皮脂自体が臭うことはほとんどありません。体臭の本当の原因は汗をかいた状態で放っておくことで細菌などに分解されたときや、皮脂が酸化したときにニオイが発生し、体臭となるのです。その他にも病気や食べ物が原因で体臭がきつくなったり、これらの原因が重なり体臭となることもあります。いずれにしろ体臭を予防するには、これらの原因の特定が最も重要になります。


陰部の臭い-予防と対策

陰部の臭いというのも気になるところです。
ワキガの原因となるアポクリン腺は全身にあるわけでなく、ワキの下、外耳道、
乳首、へその周り、陰部、肛門周囲に分布しています。アポクリン腺から
出る汗は、粘着性があり老廃物を伴って分泌されますが、それ自体には
臭いはありませんが脂肪酸が多く含まれているため、空気中の細菌により
分解され悪臭が出ます。
しかもアポクリン腺は毛穴を通じて出る汗だから毛の根元やも毛孔の入口に
粘着性のある老廃物や脂肪酸がこびりつき、中々取れません。

女性の場合は、おりものの臭いや性病によって臭いが出ることもあります。
おりものの場合は、下着が汚れることが多く、そうでは無い方は、
汗からの臭いです。
最近になって急に臭いがきつくなり始めたなどの症状だったら、膣炎等が、
原因として考えられます。
女性の陰部の臭いは、人それぞれ違うみたいです。ヨーグルト臭、
腐ったチーズ・バターに似た臭い、魚の腐った強烈な臭い、すっぱい臭い、
イカ臭い、カビ臭い、無臭などなど人それぞれです。
どれもいい臭いとは言えませんが、遺伝や体質、食べ物によっても臭いは、
様々です。
対策としては清潔にすることが一番です。トイレのあとは、ビデを使うなど、
日頃から清潔を心がけてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。