スポンサードリンク



【体臭の原因】

体臭の原因は汗と皮脂が大きく関わっていますが、汗と皮脂自体が臭うことはほとんどありません。体臭の本当の原因は汗をかいた状態で放っておくことで細菌などに分解されたときや、皮脂が酸化したときにニオイが発生し、体臭となるのです。その他にも病気や食べ物が原因で体臭がきつくなったり、これらの原因が重なり体臭となることもあります。いずれにしろ体臭を予防するには、これらの原因の特定が最も重要になります。


疲労臭(アンモニア臭)-予防と対策

■疲労臭(アンモニア臭)とは
疲労臭は汗臭さや加齢臭(オヤジ臭)とは異なります。疲労すると、身体の中で
処理するべきアンモニアが汗と一緒に出てくることがあります。つまりアンモニアを
解毒・排泄する機能が低下している場合、疲労臭が発生するのです。体が健康な
状態なら、体内で解毒され尿と一緒に排出されます。ところが、解毒・排泄機能、
つまりデトックスが低下していると、毒素であるアンモニアは体内で増殖し、
やがて脳にまで行き慢性疲労へつながり、そのアンモニアは汗とともに排泄、
そのアンモニアが疲労臭となるのです。疲れやすい人、疲れている人は臭う
というのはこの様な仕組みが原因にあるのです。

■疲労臭の対策と予防

疲れがたまる人は腎機能が低下しています。腎臓の働きは、アンモニアを濾過し
尿と一緒に排泄することです。しかし、腎機能が低下すると濾過機能が落ち、
デトックス力が低下していまいます。
腎機能の低下の原因のひとつに、腎臓の下垂が(腎臓が下がること)があります。
下がった腎臓は遊走腎と呼ばれ、垂れ下がることにより 骨盤や臓器に押され
変形、空間が狭くなりろ過機能が低下 デットックス力が低下するのです。
腎臓の下垂の原因は、内臓を支える筋力低下があります。腎臓を正常な位置で
キープするためには内臓を支える筋肉を鍛えることが大切です。





[PR]
プロアクティブ 無料 お試し
草花木果

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。