スポンサードリンク



【体臭の原因】

体臭の原因は汗と皮脂が大きく関わっていますが、汗と皮脂自体が臭うことはほとんどありません。体臭の本当の原因は汗をかいた状態で放っておくことで細菌などに分解されたときや、皮脂が酸化したときにニオイが発生し、体臭となるのです。その他にも病気や食べ物が原因で体臭がきつくなったり、これらの原因が重なり体臭となることもあります。いずれにしろ体臭を予防するには、これらの原因の特定が最も重要になります。


口臭発生のメカニズム

口臭発生原因は様々ですが、多くに共通しているのが唾液の分泌量不足
による口臭です。口の中には“100億以上もの細菌”が棲息していると言われており、これらの細菌が食べかすや剥がれ落ちた粘膜などを
分解する際に口臭の元となる物質を作り出し、これが口臭となってしまうのです。

しかし唾液が十分に分泌されていれば、食べかすや細菌を洗い流して
くれるので口臭が気になることはないです。

また口臭は口の中だけが原因で起こる訳ではなく、食べ物や病気等が原因で
体内、特に腸内で毒素や有害物質が作られると、血液を循環して全身に
流れ、皮膚や肺から排出、それが口臭や体臭の原因になることもあるのです。

口臭の原因物質には色々ありますが、主なものは、メチルメルカプタン・
硫化水素・ジメチルサルファイド・アンモニア・インドール・アミン・
アセトン・アルコール等です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。