スポンサードリンク



【体臭の原因】

体臭の原因は汗と皮脂が大きく関わっていますが、汗と皮脂自体が臭うことはほとんどありません。体臭の本当の原因は汗をかいた状態で放っておくことで細菌などに分解されたときや、皮脂が酸化したときにニオイが発生し、体臭となるのです。その他にも病気や食べ物が原因で体臭がきつくなったり、これらの原因が重なり体臭となることもあります。いずれにしろ体臭を予防するには、これらの原因の特定が最も重要になります。


口臭の原因-歯周病(歯槽膿漏)

口臭の大きな原因の1つ歯周病(歯槽膿漏)があります。虫歯が歯そのものの
病気であるのに対し、歯周病(歯槽膿漏)は歯の周りの組織の病気、
または歯ぐきや歯を支えている組織の病気のことで、歯ぐきに炎症が
起きるのが歯肉炎、歯槽骨まで及ぶのが歯周炎で、2つを合わせて歯周病
(歯槽膿漏)と呼ばれています。

◇歯周病(歯槽膿漏)の症状
日本人の約8割が歯周病(歯槽膿漏)ともいわれ、近年では歯周病(歯槽膿漏)が
原因で心臓病の発症率を上げるともいわれています。
また歯周病(歯槽膿漏)は日本人が歯を失う1番の原因ともいわれています。
そもそも歯周病(歯槽膿漏)は急激に進行せず、徐々に進行して、
初期の歯周病(歯槽膿漏)・歯肉炎は小学生高学年ぐらいから始まり、
自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまい、40〜50代に
進行した歯周炎になって気付くことが多いのです。

歯肉炎の症状は歯ぐきが腫れ、口臭が強くなり、出血しやすくなる等があります。
一方、歯周炎の症状は膿がでたり歯がグラグラしてくるなどです。


◇歯周病(歯槽膿漏)の原因〜
・遺伝
・糖尿病
・タバコ(喫煙)
・不規則な食習慣
・不規則な生活習慣(睡眠不足)
・過度のアルコール摂取
・加齢
・ストレス
・ホルモンバランス(思春期・妊娠期・更年期)
・ペットからの感染
・舌苔
・歯垢(プラーク)



◇歯周病(歯槽膿漏)の予防法
歯周病(歯槽膿漏)は様々な原因が考えられますが、歯垢(プラーク)や
タバコ(喫煙)が大きな割合を占めていますので、タバコをやめるか、
日頃から歯垢(プラーク)を付着させない、または付着しても速やかに
取り除くことがとても重要です。
しかし歯垢(プラーク)は日頃からの歯みがきでは完全に除去しづらく、
そのまま放置すると歯石になり、さらに歯垢(プラーク)が付着しやすく
なるので、定期的に歯科医などで除去してもらうことも大切な予防法です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。