スポンサードリンク



【体臭の原因】

体臭の原因は汗と皮脂が大きく関わっていますが、汗と皮脂自体が臭うことはほとんどありません。体臭の本当の原因は汗をかいた状態で放っておくことで細菌などに分解されたときや、皮脂が酸化したときにニオイが発生し、体臭となるのです。その他にも病気や食べ物が原因で体臭がきつくなったり、これらの原因が重なり体臭となることもあります。いずれにしろ体臭を予防するには、これらの原因の特定が最も重要になります。


口臭の原因-タバコ

口臭の原因としてタバコ(喫煙)があります。タバコにはご存知のように
タール・ニコチン・一酸化炭素といった成分が含まれていますが、
これらは唾液の分泌量を低下させたり、歯垢(プラーク)や歯石が付着しやすく、
また歯ぐきの血行を悪くさせることが分かっています。

歯ぐきの血行が悪くなると歯周病(歯槽膿漏)になりやすく、現に
タバコを吸う人は吸わない人と比べると5倍も歯周病のリスクが高いとも
わいれています。

また歯周病は口臭の大きな原因ですので、

タバコ(喫煙)⇒歯周病になりやすい⇒口臭の原因

といった悪循環となるのです。もちろんタバコには特有の臭いもあるので、
自分では気付かないことが多いのですが、タバコを吸わない人は「この人タバコを吸うな」と、
すぐに分かります。

この様にタバコには臭いに関係することが多く、予防対策としては
タバコをやめる(禁煙する)しかありません。もちろんタバコは口臭だけでなく、
身体によくないことは明らかなので、1日も早く禁煙することをおすすめします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。