スポンサードリンク



【体臭の原因】

体臭の原因は汗と皮脂が大きく関わっていますが、汗と皮脂自体が臭うことはほとんどありません。体臭の本当の原因は汗をかいた状態で放っておくことで細菌などに分解されたときや、皮脂が酸化したときにニオイが発生し、体臭となるのです。その他にも病気や食べ物が原因で体臭がきつくなったり、これらの原因が重なり体臭となることもあります。いずれにしろ体臭を予防するには、これらの原因の特定が最も重要になります。


体臭の原因-汗

汗と体臭は深く関わっています。汗が分泌され、その汗が細菌に分解された時に
臭いが発生し、体臭の原因となるのです。

通常、皮膚表面は弱酸性ですが、多量に汗をかくとアルカリ性に傾き、
アルカリ性に傾くと細菌が増殖しやすい状態になるので、汗が分解されやすく、
体臭・汗臭さへと繋がってしまうのです。

汗はエクリン腺とアポクリン腺から分泌されますが、体臭の原因は主に
アポクリン腺から分泌される汗で(エクリン腺から分泌される汗も体臭の原因になります)、
アポクリン腺から分泌される汗はわきがの原因でもあります。

また体内に乳酸が増加すると、アポクリン腺から分泌される汗に含まれる
尿素とアンモニアの成分が増え、体臭・汗臭さがよりきつくなる様です。

汗が分泌される条件としては、運動や気温の上昇に伴う体温の上昇、辛いものや熱いものを食べた時、緊張や性的に興奮した時等があり、
汗はこの様な条件で分泌されますが、特に体臭と関係しているのが、
緊張時や性的興奮時に分泌される汗です。

汗臭さによる体臭を予防するには、汗をかいたらシャワーやお風呂で洗い流すか、
拭き取る。下着をこまめに取り替える。市販の制汗剤やデオドラント剤を利用する。汗をかきたくないと必要以上に気にしない等があります。

汗臭さによる体臭は以上のような予防でかなり効果があります。特に、汗をかいたら体臭が気になると思えば、それが緊張となり、
より発汗を促すことになるので注意が必要です。汗をかくことは
ストレス解消になり、人間にとっては必要な状態なので、気にせず、
汗をかいたら清潔に心がけてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。