スポンサードリンク



【体臭の原因】

体臭の原因は汗と皮脂が大きく関わっていますが、汗と皮脂自体が臭うことはほとんどありません。体臭の本当の原因は汗をかいた状態で放っておくことで細菌などに分解されたときや、皮脂が酸化したときにニオイが発生し、体臭となるのです。その他にも病気や食べ物が原因で体臭がきつくなったり、これらの原因が重なり体臭となることもあります。いずれにしろ体臭を予防するには、これらの原因の特定が最も重要になります。


体臭-治療法カテゴリの記事一覧

わきがの治療法

わきが(ワキガ)の治療法

・薬を処方してもらう
わきががひどい場合には専門の医師に相談し、軟膏などを処方してもらいます。

・電気凝固法
比較的軽度の人向けの治療法です。針を刺して高周波電気凝固機器と
絶縁針電極を使用してアポクリン腺を凝固させ、その機能を抑えます。
同時に毛根も破壊するので永久脱毛もできます。

・ボトックス注射療法
しわに対して効果あり、といわれるボトックス注射がわきがにも効果を
発揮すると言われています。ポツリヌス菌から作られたボトックスは
たんぱく質の一種で、交感神経の働きを弱める働きをするので、
わきの下に注射するとアポクリン汗腺やエクリン汗腺といった汗腺の
働きを抑制し、汗の分泌を抑えます。効果は永続的なものではないものの、
約半年〜1年位の間は汗の量を抑えることが可能です。治療時間は5分ほど、
注射なので手軽にできます。


◇手術
皮膚を切ってアポクリン腺を除去するわきが治療の最終手段です。
一般的には最も効果があるといわれていますが、人によっては傷跡が
目立ったり、再発したりすることもあるとされているので、慎重な
判断が必要となります。

・削除法
皮膚の一部を切開し特殊な器具を挿入、患部を剥離させて取り除く方法で
美容外科では一般的に行われます。ただし術後に厳重な圧迫が必要など、
苦痛もある程度、伴うともいわれています。

・煎除法
ワキの下の皮膚のシワに合わせ3〜4センチの切開を1ヶ所ないし
2ヶ所入れ、皮膚を裏返してアポクリン腺をハサミで切り取ります。
医師の技術にもよりますが、アポクリン腺の完全な除去も可能で、
再発は少ないといわれます。ただ傷跡の大きさや術後の安静期間の
長さなどデメリットも考えられます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。